MENU

七色ある虹のように、ここ七戸には
さまざまな魅力が盛りだくさんです。

しちのへの今

七戸町統計データ(平成31年4月現在)

人口 15,603人
医療機関
病院...1 / 診療所...2 / 歯科医院...5
子育て施設
認定子ども園...5 / 保育所...1 / 子育て支援センター...5 / 児童館...4
学校教育
小学校...3 / 中学校...2 / 高等学校...1 / 特別支援学校...1 / 専修学校...1
公共施設
図書館...1 / 美術館...1 / 公民館...2 / 保健センター...1
老人福祉センター...2 / 道の駅...1
金融機関
銀行...3 / 信用金庫...1 / JAバンク...2 / 郵便局...3
お買い物
コンビニ...6 / スーパー...4 / ドラッグストア・薬局...10 / ホームセンター...3
公共交通機関
東北新幹線七戸十和田駅 / 路線バス...7路線
コミュニティバス...7路線 / デマンドタクシー...1

アクセス環境が充実!

七戸町の場所は、県都青森市と八戸市のほぼ中間。
「幹線道路」で県内主要都市へのアクセスが抜群。
仕事をするにも、遊びに行くにも、快適です。
町には「新幹線」の駅もあり、さらには近隣の三沢市には「空港」があり、遠方への移動もラクラク。

仕事にもプラス。

移住先での仕事探しは一苦労。しかし、七戸町の魅力はアクセス環境が充実しているため近郊の十和田市や三沢市など周辺市町村はもちろん、八戸市に職場がある人もいます。仕事探しは広域で考えられるのです。

青森での通勤は主に車です。七戸町は立地条件がよく通勤圏が広いんです。今後延伸する幹線道路の整備が進めばさらに快適な場所になります。もちろん、新幹線で東京や仙台への出張もラクラクです。

七戸町への交通アクセス

  • <新幹線>

    東京駅 --(3時間10分程度)-- 七戸十和田駅

    仙台駅 --(1時間35分程度)-- 七戸十和田駅

    新函館北斗駅 --(1時間24分程度)-- 七戸十和田駅

  • <車>

    青森市 --(50分程度)みちのく有料道路経由

    八戸市 --(45分程度)第2みちのく有料道路経由

  • <飛行機>

    三沢空港から車で約40分

  • <フェリー>

    八戸フェリーターミナルから車で約1時間

町内だけでなく、近隣の地域にも
移住や暮らしに役立つスポットが盛りだくさん‼︎
ベッドタウン七戸の魅力をチェックしよう!

心が落ち着く、
子どもがのびのびできる

季節を感じる豊かな自然が
ここにはあります。
心穏やかに、季節を楽しむ暮らしを
おくってみませんか?

東八甲田家族旅行村
親子で「自然」に触れ合える家族キャンプ、
森の散策が楽しめる!

七戸町営スキー場
スキーやスノーボード、冬だって
おもいっきり遊ぶのが七戸スタイル!

東八甲田ローズカントリー
春から秋にかけて50品種・約5,100本の
バラが咲き誇るバラづくしの楽園!

農業のまちだから

肥沃な大地で多くの作物が育つ七戸町では、名産であるにんにく、ながいも、ごぼうなど根菜類をはじめトマトや稲作も盛んです。道の駅しちのへでは、とれたての新鮮な野菜が販売され、町民はもちろん、観光客にも人気です。
多くの農産物にあふれるこの町には、県立営農大学校があり、農業について基礎から学ぶことができる環境が身近にあります。
就農者に対しても、町ではさまざまな支援制度を紹介しながら就農をサポートしたり、JA職員が農作物の品質向上のアドバイスをしてくれたり、就農者をサポートする体制が整っています。

地元の人と集う・つながる

歴史あるイベントから新しいものまで、
人が集うイベントが盛りだくさん。
七戸らしいライフスタイルを楽しんで、
人とほどよく繋がっていきましょう。

ピザカーニバル
ピザでまちおこし。
今ではなくてはならない七戸を代表するイベント。

しちのへ秋まつり
華麗な山車が市街地を練り歩き、
町中に心地よいお囃子が響きます。

ホワイトバトル
冬だって思いっきり遊ぶのが七戸スタイル。
大人も子どもも楽しむ雪合戦。